グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



令和2年度 大学出張講義

2020大学出張講義

令和2年度は、「大学の学びを体験しよう」をキーワードとして11月に13大学から先生方をお招きし、出張講義をおこなっていただきました。


<講義一覧>
・看護学 東京情報大学 時田礼子先生 「看護学部ってどんなところ?」
・薬学 東邦大学 高橋瑞穂先生 「薬学部って?薬剤師って?」
・工学 成蹊大学 柴田昌明先生 「ロボット工学の最先端 ~世界と日本の未来技術~」
・栄養学 女子栄養大学 上原千恵子先生 「管理栄養士のお仕事 ~栄養学を活かしたアスリートサポート~」
・情報工学 東京工科大学 生野壮一郎先生 「コンピュータやスマートフォン、ゲーム機器の本当の実力」
・観光学 杏林大学 小堀貴亮先生 「ウェルネスツーリズム入門 ―健康・美容・活力を享受する観光―」
・教育学 玉川大学 松本由美先生 「外国語学習の仕組みと方法」
・経営学 千葉商科大学 安藤和代先生「ユニクロと聞いてなにを思い出しますか?~ブランドとはなにかを考えよう~」
・建築学 日本工業大学 上田学先生「建築の構造デザイン」
・歴史学 東京女子大学 藤野裕子先生「メディアは戦争で何をしたのか?―日露戦争と新聞・雑誌」
・国際社会学 清泉女子大学 安齋徹先生「チョコレートから考えるSDGs」
・国際教養学 順天堂大学 岡部大祐先生「『異文化』はどこにある?」
・保健医療学 国際医療福祉大学 櫻井陽子先生「これからの高齢化社会を支えるリハビリテーションの役割」

<生徒感想>
・文字では異文化はどこにあると聞いて、アメリカやイギリスのことについてのお話かと思いましたが想像していたのとは異なっていて沢山驚きました。まずコミュニケーションと聞くと会話ということだとずっと思っていたのですがそれだけじゃなくて外見的特徴や身体動作、距離もコミュニケーションと聞いて幅広くてすごいなと思いました。偉人が残した言葉で〜One cannot Not communication〜「私達はコミュニケーションをしないということができない」という意味があったのですが今回学んで確かにその通りだなと思いました。ただ話を聞くだけではなく自分から積極的に答えたり、色々な人と話をしたり少しアクティビティを入れて交流することもできてとても良い体験が出来ました。高校とは違い、答えのない問題を自分で見つけて自分だけの答えをだすのが大学と知って世界がとても大きく見えました。大学選びの参考にもなったのでとてもよかったです。

・海外の留学について疑問を持っていたことが分かりました。また、看護のことを深く知ることが出来ました。例えば、夜勤のことや、国家試験のこと、実習のことなど深く知ることが出来ました。この講座の中で最後におっしゃっていた看護は科学という言葉が記憶によく残りました。患者さんの家族、どんな地域に住んでいるのか、どんな仕事をしているのか、どんな想いなのか、看護師さんは考えていかなければいけないので日頃から私は看護師になるという意識を持って地域の人や祖父祖母、色々な人に関わっていきたいです。

・玉川大学から教授に来ていただき、外国語や教育についての講座を受けました。外国語を覚えるときの効率のいい覚え方や、玉川大学でどのように教師になるための勉強や授業をしているのかなどについて知ることができてとても面白かったし、より興味が沸きました。また、最後の本がとても興味深かったです。これを機に、もっと外国語や、教育学について調べたいです。とてもいい機会になりました。来年も大学出張講座があれば、是非自分の興味のある講座を受けてみたいです。