グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



千葉敬愛の学び

グローバル化やITなど、時代は急速に変化をしています。時代の流れを感じとりながら、柔軟に対応する姿勢は持ちつつ、学ぶことの必要性は変わることはないと考えています。守るべきものは守り、かつ時代の変化に積極的にチャレンジする本校の学びを紹介します。


自学自習を促す
生徒の本分は勉強する事です。3年後の進路実現を見据え、授業に集中して望み、予習・復習など家庭学習が毎日当たり前のように行われるような学習習慣を促していきます。

コミュニケーション能力の育成
知識の習得のみならず、「話す」「書く」など社会に出た際に求められるような「生きる力」の育成に力を入れています。プレゼンテーションやグループワークを導入しています。

国際理解教育の推進
外国語大学進学など目的に合わせて3つの海外研修、異文化交流を目的とした海外修学旅行、ネイティブ英語教師による英会話授業、ホームステイ、留学生の受け入れなど、生の英語に触れる機会を多く設けています。

進路意識の向上
総合学習の時間などを活用しながら、将来の進路に対するキャリア教育を行っていきます。大学合格がゴールではなく、その後の人生を考えた選択が出来るように促します。

文武両道の推奨
運動部、文化部、同好会の多さと活動が盛んなところも本校の特徴です。部活動と学業との両立は自己実現と自信をもたらし、卒業後の人生に役立つものと確信しています。

充実した教育環境
教育効果を高めるものとして、ICT機器やプロジェクターの投影による電子黒板による授業も行われています。DVDによる視聴覚教材の積極的な活用やITルームにあるインターネットを通しての調べ学習なども行われています。また、図書室には自習スペースもあり、生徒の自学の場として利用されています。

1年生

「基本的生活習慣の確立と進路意識の芽生え」

昨日と同じように登校し、挨拶や掃除をしたり、勉強に取り組む。基本的生活習慣の確立が日々のリズムを生み出します。一人ひとりの特性・能力を伸ばしながら、進路目標の設定が一年生の課題です。文系・理系の区別なくバランス良く学ぶ中で、基礎学力の着実な習得をめざし、将来の進路実現へ向けての土台作りを目標としています。また、学習習慣の定着や授業の振り返り学習のツールとしてスタディサプリを導入しています。

スタディサプリ

進路ガイダンス

2年生

「進路実現の重要期間」

3年生から受験が始まるわけではなく、2年生のうちにしっかりと「力を蓄える」くことが重要だと考えています。文系と理系に分かれて、教科学習を発展的に進めていくと同時に、海外修学旅行を通して、様々な「気付き」を促していきます。また、小論文模試を実施し、論理的な思考力、独創的な発想力、文章の表現力を育成します。小論文や各種ガイダンスを通して、世の中への関心を促していきます。

進路講演会

海外修学旅行

3年生

「自己実現へ向けて」

高校生活の終わりは次のステージの始まりです。自らの社会での役割や使命を意識し、それぞれの思いを実現することが目標となります。大学進学に向けては、実践的な演習を中心に生徒の実力を徹底的に鍛えていきます。また、多様な入学試験に対応するため、模擬面接や論文指導を実施しています。努力によって培ってきた自信や悔しい思いをした経験などが将来のあなたの力になるはずです。

プレゼンテーション

卒業生進路講演会