グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



卒業生講演会実施

3月9日に総合型選抜、3月11日に学校推薦型選抜(指定校推薦、公募推薦)、3月12日に一般選抜の卒業生講演会を行いました。多様な受験形態をよりよく知ってもらうために、また人気の看護医療系の生徒の意識向上のためにこのような卒業生講演会を3回にわたって開催しました。

看護医療系講演会(3月9日実施)

今年3月に卒業したばかりの看護医療系に進学した6名に講演してもらいました。総合型選抜・公募推薦・一般選抜でそれぞれ合格した卒業生にどんな勉強をしたのか、小論文・面接の対策はどうしたのか等についてお話してもらいました。在校生も熱心に耳を傾けていました。新たな発見で進路の幅が広がったり、今考えている進路が深く固まったりしたようです。

一般選抜講演会(3月11日実施)

現在大学2年生の卒業生5名(国公立大学3名、私立大学2名)に講演してもらいました。大学では現在どのような授業が行われているのか、また高校時代にさかのぼってどのような受験勉強をしていたのかを、パワーポイント等を使って在校生にわかりやすく丁寧にかつ熱く語ってくれました。講演会に参加した生徒はとても多く、一般選抜に対する関心が高まっているのを感じました。また公演終了後も、多くの在校生が卒業生に対して個別に質問や相談をしておりました。在校生は卒業生に勉強のアドバイスや頑張る力をもらえたようです。

総合型・公募推薦講演会(3月12日実施)

卒業生による講演会特集の最終日は、この春に卒業したばかりの5名です。総合型と公募推薦で合格を勝ち取ったこの5名は、どのようにして合格に至ったのか、詳しくパワーポイントを用いながら、高校生活で頑張った部活の話、小論文、面接、色々な角度で分かりやすくお話をしてくれました。部活動との両立は、生徒も非常に気になるポイントなので熱心に耳を傾けていたようです。

講演してくれた卒業生の皆さん、本当にありがとうございました。
参加された生徒の皆さんが、先輩方の講演を機に進路に向けて、奮起してくれることを期待しています。